スクリーンショット 2014-12-02 8.39.29

 







そもそも解離性障害とは?Wikipediaで調べたよ笑

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%A3%E9%9B%A2%E6%80%A7%E9%9A%9C%E5%AE%B3

解離性障害 – Wikipedia

不幸に見舞われた人が目眩を起こし気を失ったりする 限界を超える苦痛や感情を体外離脱体験や記憶喪失という形で切り離し、自分の心を守ろうとする

切り離した自分の感情や記憶が裏で成長し、あたかもそれ自身がひとつの人格のようになって、一時的、あるいは長期間にわたって表に現れる状態である。

あ、これだ!

あ!!やっとわかった!!!
あの Nのために のお母さん役の
ショックで別人格が生まれて、それに発作のようにたまに現れるあの感じ

いったいなんて言うのか

ずっと不思議だったけど、

あれを解離っていうんだ

解離っていうんだあのことをいうんだ

ショックで別人格が生まれて、ショックをなかったことにする感じかな。

なるほど

あー

まえに入院したときに、この人が解離の患者さんって教授が入ってきて

ええ、なに解離って?ってなったけど

あんな感じが解離なんだ。

そういえば、まるで人が変わったかのように別人のようになっている自分になった覚えがある。

実はあの人格が自分のなかにいるのかもしれない。

 

って自分って昔にそんなショックなことあったかな

あ、ショックなことを忘れるためにあるんだから、忘れてるってことは解離なんじゃん

じゃあ別人格呼び出して聞き出すしかないのか

 

とりあえずなにすればいいんだろう

まずはこの話をしっかり読んで、母はどうショックを受けて、どう人格が変わってしまったかを、まじまじと感じてみることで、なにかわかるのかもしれない。

 

Posted from するぷろ for iOS.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で