こんにちは。@ryorasppです。

最近、「忘れられる権利」話題になってますよね。

そんななか、この記事をみて、さらにいろいろと思いました。

Screenshot of www.gizmodo.jp

EU「忘れられる権利」によりWikipediaのページが抹殺される : ギズモード・ジャパン

対象となったWikipediaのページはまだ存在するものの、グーグルの検索結果には表示されません。

 

皆さんは自分の誹謗中傷をネット上に拡散され残されたらどうしますか?

 

日本に忘れられる権利って存在しているのか疑問

日本にもこの人検索から出ないようにして欲しいって人はいる。

何もそのページを消すまでしなくても、検索からでないようにすれば、新たに知られることもない。

 

残す理由が知りたい。

2chのまとめとか過去ログとか公開してるところで、明らかに個人の誹謗中傷となるものあるけど、なんでわざわざ残すのか、

理由なんとなくわかるけど、

 

やっぱりよくわからない。

 

@ryorasppですこう思う。

そんなもののためにある人の人権を踏みにじられてもいいのか、もし、自分が同じ目にあってもいいのか。

人ごとにせず、一人一人が、いつか自分も被害に合わないために、いま被害にあっている人のためにと、動いて欲しい。

 

とりあえず、日本でも検索にでなくするって手を使って、書かれた本人のためになくしていってほしい。

 

忘れられる権利についてはこちら

Screenshot of ja.wikipedia.org

忘れられる権利 – Wikipedia

 

 

Screenshot of www.zaikei.co.jp

ネット社会の「忘れられる権利」 Googleも対応に苦慮 | セキュリティ・プライバシー – エコノミックニュース

 

Screenshot of www.nhk.or.jp

“忘れられる権利”はネット社会を変えるか? – NHK クローズアップ現代

 

このNHKクローズアップ現代の放送はとても見たかったものの一つです。

きっと専門家も出てきて、解説や意見を述べていたのでしょう。

 

世の中には、表現の自由や報道の自由がありますが、その前に人権があります。

そのことを、皆さんが真剣に考えていただきたいのです。

 

忘れられる権利申請はどこでするの?

 

Screenshot of support.google.com

Legal ヘルプ

こちらでGoogleの忘れられる権利による削除申請ができるようです。
ただ・・・
2014-08-12 12.41.32 2014-08-12 12.41.48 2014-08-12 12.42.03対象国はこちらとなっておりまして、まだまだEUあたりらしいです。
アジア圏にも対応できるようになってほしいと@ryorasppです切実に思います。

Follow me!