現地SIMを二種類試してみたが、T-MobileよりもAT&T系をオススメします! 人生初のアメリカ旅行 #1

こんにちは!ryorasppです。

実は、5月の終わりから6月の初めまで、三泊七日の人生初のアメリカ旅行に行ってきました!

アメリカ旅行では多額の支援を家族から受け実現しましたが、

その日々が大変すぎて、リアルタイムに記事が書けなかったことを深く後悔してます。

そしてずっと体調を崩してまして、 ryo.nagoya への更新も止まり、

予定してたイベントをキャンセルキャンセルと色々な人にご迷惑をおかけしました。

その上、統合失調症の認知機能障害を持ってるので、さらに人の役に記事を書けずにいました。

今日から思い出しながらですが、せめて5記事ぐらいはアメリカ旅行のことを書きたいので、真剣に記事を書いていこうと思います。



なぜアメリカ旅行に、モバイルW-iFiではなく、現地で使えるSIMを選んだのか

多くの人が、まずアメリカに行こうとしたら、レンタルのモバイルWi-Fiを借りると思いますが、

その理由に、

  • 安い、手頃な価格
  • SIMを入れ替えるのが怖い
  • SIMを入れ替えなくてもいいから簡単
  • 一台で複数人使える

これらの理由があると僕は思ってます。

しかし、僕は、セブ島短期留学の時に、SIMを刺さなくて、紛失しても探せなかった。

その経験があるため、iPhone にSIMを挿しっぱなしにしておく必要性がありました。

さて、アメリカで使えるSIMをAmazonで買って本当に良かったのか、そこのところと、どのSIMを買えばいいのか書いていこうと思います。

MOSTSIM(T-Mobile)-とMAXSIM(AT&T)

この二つのSIMを買い、両方使ってみて、速度や快適度などを測定、感じてきました。

まずは、 MOSTSIM(T-Mobile) についてです。

MOSTSIM(T-Mobile)のいいところ

まず、 Amazon’s Choice になってるので、買って損はなさそうです。

そして、一番の売りは、5日間 高速データ無制限使い放題 なところです!

無制限なので、いろんな人に写真を送ったり、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアに写真をどんどんアップしても大丈夫なところが本当に良かったです。

日本語でアクティベーションまでできるので簡単!

まず、SIMの開通の画面を見てみましょう!

QRコードでまずSIM開通のページまで行きます。

このような感じで日本語で完全サポートしてくれます。

開通するための、名前や届いたSIMの情報を入れていきどんどん進みます。

そしてアクティベーションするため、IMEI(International Mobile Equipment Identity (iPhone の識別番号))

を「*#06#」に電話して確認して、それをMOSTSIM入力して教えます。

完了すると確認のメールが日本語できます

日本語でのサポートがあり色々助けてもらえました!

電話番号を入力ミスしていた

みてくださいこの対応の早さ、15分ほどでこちらのミスに対応していただきました。

開通日を間違えていた

開通するのがその日の正午だと知らず、使えず、T-Mobileのログイン画面が出てきて、使えない、無知な自分に対して、こちらもサポートに連絡したら、すぐにご対応いただいて本当に感謝です。

MOSTSIM(T-Mobile)の現地での速度がめちゃ速い

こちらの動画をご覧ください!

いかにも家にいるぐらい速いです!

しかしYouTubeで速度が足りているはずなのに480pの画質では再生できますが、720pで再生できませんでした。

制限がかかっているのでしょうか?

この点に関してはあれ?と思いましたが、まあ無制限の使い放題でこの速さを出すためにしていたことなのことだと思い、過ごしました。

MAXSIM(AT&T)のいいところ

とにかく安い!

SIMをアクティベーションする方法ですが、それは日本語のマニュアルでした。(iOS 6 や 5あたりのもののままですが・・・)

それがいいところです。

格安SIMに慣れてる人はこの設定は簡単にできることでしょう。

速度はこれぐらいです。

日本の格安SIMぐらいの速さですね。

動画はきついですが、普通のブラウジングはできます。

しかし、一見安かろう悪かろうであるように見えますが、完全にそうではありません。

シリコンバレーからホテルへの帰りの渋滞している道路で、圏外になる、そして地下のライブハウスでも圏外になる、先ほどのT-MobileのSIMの時にこのSIMは活躍します。

T-MobileよりAT&Tの方が圧倒的に、電波がいいです。

速さよりもどこでも繋がる感覚があります。

うーん、でも香港からのデータローミングなので、電話番号が香港です。

それに対して何も気にしない人には、安く済ませれていいSIMだと思います。

最後に

Wi-FiルーターではなくSIMにすることで、色々ないいことがありました。

まず圧倒的安定性、日本でスマホを使っているのと同じようにアメリカでスマホを使うことができます。

あと一番心残りなのは、T-Mobile より AT&Tの方が大きな会社で、圏外にもならずどこでも使える感があることを知らなかっことです。

AT&Tのつながりの良さ(圏外にならなささ)を見たら、

高いけどこのSIMにしておけば良かったです。

アメリカのSIMに関して情弱であった自分が、色々試すことで少し情強に慣れた自分でした。

この記事が、アメリカ旅行のためにスマホのインターネットどうしようか迷ってる人に参考になれば幸いです。

関連記事


投稿者プロフィール

ryoraspp
ryoraspp通信の短大生
統合失調症と睡眠障害とRLSを治療しながら、愛知産業大学短期大学通信教育学部国際コミュニケーション学科卒業(英語)
2016年セブ島へ1ヶ月語学留学してきた。
ジャズトランペットとガジェット関連が好きです。
WordPressとES6関連を勉強してます。

Mac/iPadPro9.7/iPhone7 Plus/Apple Watch/pebble/XperiaZ1/Kindle Paperwhite (第1世代)

TOEIC
2016年03月13日 LR 235 (Listening 180 Reading 55)
2018年04月08日 LR 300 (Listening 180 Reading 120)

[ 最近のWordPressコミュニティでの活動 ]
WordCamp Haneda 2019 – START!セッションスピーカー
2017 WordFesNagoya 実行委員 Webサイト制作チーム & セッションスピーカー
2016 WordFesNagoya 実行委員 Webサイト制作チーム & セッションスピーカー