こんにちは。@ryorasppです。

数ヶ月前ある大学病院に入院して、退院してから、寝れなかった時はこれ飲んでねっと、頓服で、睡眠の薬(ルネスタ錠)をもらってました。

入院時の時のことはこちらをご覧ください。

https://ryo.nagoya/2015/06/13/lonansen-akineton-help.html

ロナセンの副作用(急性ジストニア)をアキネトンに助けてもらった![精神科入院中の話] | ryo.nagoya(りょうどっとなごや)

ルネスタ錠とレンドルミン



ルネスタ錠を最近まで飲んでいた

8月、9月、10月とルネスタ錠を飲んできましたが、

ルネスタ錠は、効いてくると口の中がずっと苦かったり、あまり僕には眠たくならなかったりで、

ルネスタ錠の説明

そのおかげで寝れた日もありましたが、全体的にはあまり効果がありませんでした。

ルネスタ錠からレンドルミンに変更

10月23日に大学病院での診察があり、

はっきりと、「レンドルミンに変えてもらえませんか?」
と言ったところ、「いいですよ」とスッと変えてもらえました。

レンドルミンの説明

さあ、ということで、レンドルミンに変えて2か月ほど飲んで良かったことを書いていきます!

レンドルミンを飲むようになって良かったこと3つ

その1 苦味がなくなった

ルネスタ錠の副作用に、ゴーヤほどの苦味が口の中に発生するという副作用があります。

そのため、飲んで30分後ぐらいに、口の中に苦味が発生して、

「あー苦い!薬が効いてきた!」
となり、薬が効いてきたことがわかるメリットがありますが、
ゴーヤほどの苦さなので、ちょっと苦でありました。

それが、レンドルミンにはないので、
効いてきたのかわからないというデメリットがありますが、まあ苦くはなくなったのでそれは嬉しいことです。

その2 スッと眠れるようになった

ルネスタ錠のときは、口の中が苦くなるだけで、なかなか眠れないことが多かったです。

それがレンドルミンに変更したところ、気づいたら眠れてる、そんなことが多くなりました!

その3 何度も飲むことがなくなった

ルネスタ錠は飲んで1時間、2時間待っても眠れなかったことが多かったです。

そして、二錠目を飲むことをしてました。

それが、レンドルミンなら、気づいたら眠れてる。

そんなことが多くなり、一錠飲むだけで眠れる、そんな印象です。

最後に

ルネスタ錠からレンドルミンに変えたことで、眠れるようになった!
というのが今回の記事ですが、

一般的には、ルネスタ錠の方が効き目があるらしく、苦味を我慢できるならルネスタ錠を飲むべきそういうことらしいです。

が、僕は、苦味を我慢できても、レンドルミンの方が眠れるので、レンドルミンを飲んで行くことにしましした。

今回の結果は、ある個人の結果ということを忘れずに参考になさる方は、鵜呑みにしないようお願いします。

それでは、今回はレンドルミンの方が僕には合っていた、そういう話でした!

関連記事


投稿者プロフィール

ryoraspp
ryoraspp通信の短大生
統合失調症と睡眠障害とRLSを治療しながら、通信制の大学と英会話で英語を学んでる大学生。
2016年セブ島へ1ヶ月語学留学してきた。
ジャズトランペットとガジェット関連が好きです。
WordPress関連を勉強してます。

Mac/iPadPro9.7/iPhone5s/pebble/Nexus7/XperiaZ1

TOEIC
2016年03月13日 LR 235 (Listening 180 Reading 55)
2018年04月08日 LR 300 (Listening 180 Reading 120)

[ 最近のWordPressコミュニティでの活動 ]
2017 WordFesNagoya 実行委員 Webサイト制作チーム & セッションスピーカー
2016 WordFesNagoya 実行委員 Webサイト制作チーム & セッションスピーカー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で