IMG_1961

こんにちは、@ryorasppです。今日は名古屋情報メディア専門学校の体験入学に参加し、医療情報技師になるための授業を参加してきました。

授業内容はこんなかんじです。

まず、医療情報専攻の授業内容は、次のようです。

IMG_0003

プログラミング、ネットワーク、データベースなどを学びながら医療の基礎を勉強していくというシステムでした。

 

さて、ITは置いといて、医療とはどんなことを勉強するのか、資格を取るのにどんな問題がでるのか、クイズをしてもらいました。

IMG_0005

 

これは、答えは、ベット数で、20床はある必要があるそうです。

 

それでは、なぜ現代に医療情報技師が必要なのか、なぜコンピューターが医療に必要なのか。

その一つにカルテの電子化があるそうです。

電子カルテで、カルテを電子化して保存しておけば、遠隔医療もできますし、確実に保存もできますし、レントゲンはアナログでよしとしても、いまはCTなどで3Dのデータもありますからそれの保存もあります。

といったことをいってました。

データで保存できるとデータベースでの管理技術が必要となってきます。
遠隔医療といいますとインターネットが必要となってきます。
電子カルテというとプログラミングの知識が必要となってきます。

以上がまとめですね。

 

それが、学べるのが名古屋情報メディア専門学校の医療情報専攻とういうことです。

 

医療とITを学びたい人にはすごく有意義な場所ですね。^^

僕は音楽とITを学びたいので、音楽情報っていうところが近くにあればいいなあと思いました。

 

それでは、また!!

 

 

 

 

IMG_1960

最後にお昼にモスバーガーを頂きました。

ごちそうさまでした。!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で