こんにちは!。@ryorasppです。

今日はなんとトランペットで高い音を出すにはどうすればいいのか、とうとう記事にしてしまいます。

自分は何年もトランペットを吹いてきましたが、やっぱり一番ネックなのは高い音です。

楽譜に書いてあるこの音が出ない・・・ コンクールで吹かなければならない・・・ 文化祭で・・・

よくある話です。

自分も結構苦しんできました。

 

そこで、一番大事な前提はなにか、

それは、

高い音は楽に出せるものだと思うこと。

 

こう思うことです。

 

トランペットを吹き始めたときに、あぁトランペットって上の音にあがるほど大変なんだ・・・・

 

っとなってしまいますが、

それではいつまでたっても、何百年経っても変わりません。

 

そこで、どうすればいいのか。

一番は、高い音を楽に出せてる人と張り合うこと!

 

一緒になって吹いていると自然とできてしまうものです。

試しに、ハイトーンで有名な奏者の演奏会にいってきましょう。

その音を吹いて、無理だと思ったら一生無理で、

トランペットはあれぐらいふけるものだと思った瞬間、ふけるように準備が整います。

 

ここで注意! 短気にはならないこと!

 

すぐにはできません。

ただ、楽に出せるようになると本気で信じて練習を何年も続けていれば必ずできるようになります。

 

二番目に大事なことは、一度信じたら続けること

 

これができれば、あなたもハイトーンヒッターになれるでしょう!!

[2014年4月10日追記]続きを書きました!

Screenshot of ryo.nagoya

トランペット奏者は音のイメージと呼吸をリンクさせて奏法を安定させるべし! | ryoraspp To バランストランペット

呼吸のことや、唇、口の中、喉、首、胸、背中、お腹これらをどうバランスを取るのかまとめてみました!!

Follow me!

2 件のコメントが “トランペットで高い音 ハイトーン を 出す 決定的な前提 (方法や練習法の前に)” にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください