class Hello {
public static void main(String[] args){
System.out.println(“Hello,World!”);
}
}

とりあえず上のコードをぶぁーと書けるようになるまで毎日かくゾ!!

 

hello.javaで保存

コマンドでコンパイル javac hello.java

java Hello








Java言語独習その2

今度は日付時刻がわかってしまうゾ!!

 

import java.util.Date;

class Time{
public static void main (String[] args){
System.out.println(new Date());
}
}

 

これをぶぁーと書けるようになるまで何度でもかいてやる!


Java言語独習その3

今回は、int型を使った簡単な計算をします。

編集の型 変数の名前 = 値;

int ○○ = 値;

りんご一個100円の場合は、 int りんご = 100;

ということで上の方式をつかって、りんごとみかんの計算を行なってみます。

class ringomikan{
public static void main(String[] args){
int ringo = 100; //りんご一個100円
int mikan = 120; //みかん一個120円
int awasete = ringo + mikan;//りんごみかん一個ずつあわせて
System.out.println(awasete);
}
}

これで、220と表示されたら成功です!。

 

Java言語独習その4

<その3の方法にいろいろつけて試してみた。 とりあえずできたのものなので、メモという事で。   class ringomikan { public static void main(String[] args){ int mikan,ringo,banana,suica; mikan =1; ringo =2; banana=3; suica=4; //int goukei = mikan+ringo+banana+suica; System.out.println(mikan+ringo+banana+suica); } }

Java言語独習その5

int以外も使えることを発見。そのことをメモ。

ITまんが2013年版のマンガで分かる Java入門講座 – マンガPGから学習中。

 

 

class Longintshortbyte{
public static void main (String[] args){

long a = 10; // 8bit(256) -128〜127まで扱える
int b = 10; //16bit(65546) -32768〜32767まで扱える
short c = 10; //32bit(4294967296) -2147483648〜2147483647まで扱える
byte d = 10; //64bit(18446744073709551616) -9223372035854775808〜9223372036854775807まで扱える

System.out.println(a);
System.out.println(b);
System.out.println(c);
System.out.println(d);
}

 

8bitやら16bitあたりがまだよく理解できてないがまずは置いといて、次は、小数点が扱える変数を学習するとするかな。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で