ryo.nagoya

夢の夢を直向きに追いかけて本当にする

「Sonar X1 LE」をDominoのように使いたい!そんな時はこれ!

calendar 2014年2月28日

reload 2014年5月2日

こんにちは@ryorasppです。

SonarというDawソフトがありますが、Dominoと違う点はDawソフトということです。

DAWとは、Digital Audio Workstationの略で、楽器MIDIやマイクを通してつないで、録音し、マルチトラックを使い、エフェクトをかけ、ミキシングをし、マスタリング(音声ファイルにしたりCDにする要は仕上げ)まで出来るソフトです。

いきなり、そんな機能いらない!!、MIDIでWindows内蔵のGS音源でなってくれれば十分!、そんなひとがDawソフトに手を出す時点で変なお話ですが、大は小をかねます。つまり、DawソフトでもDominoのように、Midiの打ち込みをして出力をすることもできます。

しかも、今まで作ってきたMIDIファイルをSonarで開くことも出来ます。今回はこの手順を追って説明します。

1、Windows上でSonarを起動。

ここですぐにMIDIをインポートしたいところですが、あることをします。

0002

2、編集-環境設定をクリック!。

0004-2

 

3、Windows 内蔵音源を選択!(Microsoft GS Wavetable SW Synth)

0005-2

4、Dominoで作ったMIDIや、その他MIDIファイルを開いてみる

ファイル ー 開くをクリック!

0006-2

MIDIファイルを探して「開く」!

0021

5、さあ、これで、ようやくあの画面へ行けます!

おおお、トラックがちゃんとあり、打ち込みもできてるようです。

では、再生してみましょう!

0022-6

 

6、これで終了ですが、ここであれもやってみましょう!

音色を変えてみる その1

音色を変えるには2種類の方法あります。

例えば今回の曲はジャズの曲ですが、ピアノをマリンバにしたい!といったときはどうすればいいのか、解説します!

0023-9

 

0024-7

 

 音色を変える方法 その2

0028-14

すると・・・

0031-11

 

 

さあ、これでMIDIを心置きなく堪能できます!

あとは、ピアノロールエディタや譜面エディタで曲を書きまくりましょう!!!。

 

以上、SonarX1LEでDominoのようにMIDIを扱う方法でした!

 

SonarX1LEを最安値で手に入れたい方はこちらがおすすめです。

ASIO(遅延がほぼ皆無の)対応オーディオインターフェイス付き、

ギターもダイナミックマイクも接続可能、もちろんLINE INも!

オーディオインターフェイスを買うという目線ではなく、Sonarが欲しくてついでにオーディオインターフェイスを買うという面白い視点^^

 

楽器や歌の録音のためダイナミックマイクも卓上スタンドも欲しい方はこちらが更にオススメです!

これで、「Sonarの世界にようこそ!」「Hello World!」という気分で一曲かいてみてみましょう!!!

MidiトラックをVSTiのマルチティンバー音源に置き換えたいという要望があれば、お問い合わせからどうぞ!、

すぐ記事にします。

 

それでは、また!!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




Optionally add an image (JPEG only)


※Nameを空欄にすると匿名になります。

※コメント欄のみでコメントできます。

※管理者が承認するまで公開されません。

誰が書いてるの?

ryoraspp

ryoraspp

統合失調症睡眠障害RLSを治療しながら通信制の大学と英会話AEONで英語を学んでる大学生。
いつか留学したいと思いながら勉強してます。
ジャズトランペットPC・ガジェット関連とWordPressが好きです。
詳細はこちらをクリック!